楽しい?怖い?ミステリーツアー

確かに非日常をあげるのならば、旅行はもってこいです。



知らない地・・・見知らぬ人たち・・・



日常から非日常に飛び出し、何も知らない地でトラブルに巻き込まれる。



実際にあっては困りますね。。。



1849年の今日、ミステリー作家の先駆け人、エドガー・アラン・ポーが亡くなった日です。



そのため、今日は『ミステリーの日』



1845年に発表された「モグル街の殺人」が世界初の推理小説と言われています。



そもそも当時は、人を殺める記載を書物に残すこと自体がなかったことですからね。



革命だったんでしょう。



もちろんミステリーの世界は観光業にも及んでいます。



特に西村京太郎はこの観光を題材にし、鉄道や飛行機の運行トリックを使っている作品がたくさんありますね。



松本清張にも、いくつかありました。



結構有名な観光地を舞台にして、「おいおい、そこで!?」っていうものありますね。



conanmisuteri-tua-.jpg




もちろん旅行業界が見落とすわけがありません。



それこそ「ミステリーツアー」がいくつかあります。



本の内容にそった、ツアーもあります。



実際にそのトリックを味わうこともできるんですよ。





関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

Blog
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アフィリエイト・SEO対策