スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ようやく100年前に戻れる!東京駅

2003年に国の重要文化財に指定されたものの、1945年の戦火で消失ドーム屋根に現代風にアレンジされ過ぎたその風貌。



なんとか昔の姿を取り戻したいと始まった東京駅の丸の内駅舎、復元工事。



『2012年10月1日 - 仕切りがとられて新駅舎オープン』



DVC00352 - コピー



世界中の人を迎える駅なだけに、今日本のどこにでもあるような駅では、格好がつかないですよね。



「ようやく100年前に戻れた」のJR東の方のコメントが印象に残っています。



特に最近では、駅の「駅ナカ」充実がブーム。



しかしそのせいもあってか、どこでも同じような駅ばかりが増えてしまっていますね。



昔からあるような日本特有の駅舎風景が減っているのは、外国人観光客からは不評なのです。



そこで先陣を切ったのが東京駅。



そして屋根材は、宮城県石巻市にある業者さんのもの。



東日本大震災で使う予定だった素材に被害が出てしまいました。



少しでも使おうと、使用可能なものは、選別・清掃・修復され7000枚が使われています。



残念ながら、リニューアルオープンの記念式典は中止になってしまいました。



台風がこのタイミングに来るなんて・・・という事ですが。。。



一泊80万を超える部屋がある東京ステーションホテル。



アートギャラリー



日英韓中語対応のサービスセンターとアトラクションも充実。





関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

Blog
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
アフィリエイト・SEO対策