スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本の大相撲もグローバル化?

外国人観光客の方のご意見を聞いたことがあるんです。



「日本国技の相撲を見に来て、なんて日本人力士じゃない相撲を見せるんだ!」って。



強い日本人力士が減っている今、大相撲もグローバル化ですね。



そんな今ですが、日本人力士最強とも言われた横綱がいましたね。



『1989年9月29日 - 当時の横綱千代の富士が国民栄誉賞を受賞』



chyonofuji.jpg



1989年はそこまで覚えてはいないのですが、千代の富士の相撲を見た覚えはあります。



引退は覚えてるんですよね。



やはりあの頃は、これぞ日本の大相撲だったんですかね?



強かった!って言葉がでますよ。



そのすぐあとに、小錦・武蔵丸・曙 と、ハワイ出身の力士が力をつけてきて。



そこに若乃花と貴乃花 兄弟が割り込んで。



面白かったのを覚えてます!!



最近では遠藤関が頑張ってくれていますが、先場所では逸ノ城が大活躍!



逸ノ城関もモンゴル出身でしたね。



外国人力士が頑張っているのも、素晴らしい事ですが、やっぱりつよーーい日本人力士を見たいと言いますか。



関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

Blog
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
アフィリエイト・SEO対策