案内は「みどり」

東京オリンピックに向けて、一つの課題でもある「案内」。



東京ってごちゃごちゃしてて、わかりにくい街である事は、間違いありませんから・・・



駅での案内口という、日本人にとっては当たり前の様な場所がありますね。



『1965年9月24日 - みどりの窓口登場』



当時の国鉄(現JR)の150の駅で、コンピューターを導入した指定席券販売の窓口がオープンした日です。



今日はその名も、みどりの窓口記念日。



guri-nnnomadotui.jpg




現在では指定券も自動券売機で買う時代ですが、それでもみどりの窓口はありますね。



ちょっとした案内所みたいな役割もあります。



しかし実はこんな経験があるんです。



ある場所への行き方を知りたくて、みどりの窓口で聞いたんです。



そのまま切符の購入もできますからね。



そしたら、「わからない!!」



プロのはずでしょ!!ってツッコミを抑えましたが、ビックリでした。



調べてくれることはしたのですが、知識面と言うのはサービス業では大切です。



最近では余計複雑ですからね。。。



逆に言うと、PCや携帯、スマホで調べられるから、それに頼ってしまうところもあるのでしょうか。






関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

Blog
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アフィリエイト・SEO対策