少しでも遠くへ・・・旅行の行先はいつか?

計画通りだったら、そろそろ民間宇宙旅行が現実の物になる時期です。



少々予定が遅れているとの事ですので、もう少し先の話ですね。



人々が憧れてやまない宇宙。



とにかく遠くへ!を目指しているわけですが。。。



『1846年9月23日 - ベルリン天文台のガレさんが海王星を発見した日』



冥王星が無くなった今、太陽系8番目で太陽系惑星では一番外側の惑星です。



氷惑星で、太陽から非常に離れているので、表面温度マイナス218度。



厚い大気があるとされています。



大気は水素が84%、ヘリウムが12%、メタンも含まれています。



なので非常にきれいな青色の星です。



kaiouseidayo.jpg




そんな海王星が発見された日です!



海王星を訪れた(最接近した)のはボイジャー2号のみ。



それが1989年8月24日のこと。



宇宙探査のスペースシャトルミッションが終了した今、さらに遠くへ行くことが新たな課題ともなっています。



そのため、NASAでは、2030年をめどに海王星探査を計画しています。



今は火星探査が中心ですからね。



それから徐々に外へ向かっていくのでしょうか。



一般人の宇宙旅行構想もあるなか、少しずつですが、宇宙開拓が進んでいくみたいですね。





関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

Blog
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アフィリエイト・SEO対策