スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

高速道路の使い勝手が変わった時

この連休も、少しですけどあったみたいですね。



高速道路の渋滞。



旅行では避けては通りたいけど、避けては通れない存在です。



そんな高速道路で起きた大きな変化というのが、料金体制ですね。



料金そのものの変化もありますけど、今日の主役は「支払方法」です。



『2005年9月15日 - ハイウェイカードが販売終了』



haiuxeika-do.jpg



1987年11月の販売開始から、全国に展開し、現金を用意することなくプリペイド式のカードで簡単に料金所を通過できるとして、一時期、高速道路ユーザーの強い味方になりました。



小銭を落としてしまって、車から降りてワシャワシャやってるおじさんの風景。



何度か見たことがあるような・・・



そんな事がなくなったんですね。



ところが1999年ごろから、偽造されたカードが流通。



金券ショップで買ったカードが、実は偽造で、知らずに詐欺行為を行っていた!なんてトラブルが相次ぎました。



2004年に発表されたデータでは、その被害総額は250億円だとか。



そしてETCの普及もあって、2005年には販売終了。



今は払い戻しが出来る様になってます。



実はまだこのハイウェイカード自体は使えます。



完全に使えなくなるのは2016年。



まだ1年ちょっと使えますので、掃除してたら出てきた!なんてカードは使ってしまいましょう!



関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

Blog
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
アフィリエイト・SEO対策