世界が取り合い!世界的リゾート地

日本人なら一度は「ハワイでの休日」が頭によぎるのではないでしょうか?



今日はそんなハワイがアメリカになった日です。



「アドミッション・ステートフッド・デー」と言う日に当たるのですが、カレンダー上では8月第3金曜日。



日付で言うと、1959年8月21日にハワイ州が誕生したんです。






もともとは1778年にイギリス人のキャプテンクック来航によって、白人との接触が始まりました。



当時はみなさんご存知、カメハメハで知られる原住民族が住んでいた島でした。



そして白人が持ち込んだ武器を使って、ハワイ王国を建国したのがカメハメハ大王と言うわけですね。






その後、カメハメハ2世により、アメリカからの宣教師が迎えられ、アメリカ文化がハワイに定着していきました。



しかしそれだけ魅力的だったのか、1843年にはイギリスが。



1849年にはフランスが領有を宣言。



翌年には中国人が大量に移民し、支配に乗り出します。



1868年には日本人移民がハワイに渡り、現在のハワイ好きの原点が生まれるわけです。




その戦争で日本はアメリカに負け、ハワイは事実上アメリカによって復興。



1959年、正式にハワイ州となり、今の様なリゾートテーマで発展が進んだんです。



関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

Blog
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アフィリエイト・SEO対策