スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

沖縄に走る一線のレール

日本は鉄道大国ですね。



なんとなく、海の近くを車で疾走!のイメージがある沖縄にもあります。



鉄道ではなく、モノレールが。



『2003年8月10日 - 沖縄県で第二次大戦後初の鉄道、沖縄都市モノレール線(ゆいレール)那覇空港駅 - 首里駅間が開業』






2019年の春には、延長開業できるように、現在も建設中ですね。



沖縄の主な交通手段は、自家用車・タクシー・バス。



そのため渋滞が課題として長年にわたって、住民のみなさんを悩ませてきました。



特に空港を結ぶ道路では、時間を気にする空港利用者にとってはハラハラする事だったでしょう。



そもそも、大正時代には軽便鉄道や路面電車、馬車鉄道といった数々の鉄道路線が開業していました。



しかし、廃線に追い込まれたり、戦争による破壊で、姿を消してしまいました。



それ以来車主体の生活になったのですが、経済の活発化による産業の活性化による人口増加に伴って、車主体生活ならではの課題が目立つようになったのです。



そこで道路を切り開いて作る鉄道ではなく、高架中心のモノレールに目がつけられたんですね。



関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

Blog
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
アフィリエイト・SEO対策