スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本28番目の国立指定公園



世界から見ると、日本と言うのは、



自然<大都市



というイメージが出来上がっています。



どうしても東京のイメージが先行しているそうです。



富士山も自然遺産登録失敗というニュースで、自然に対しては低い評価をしています。



それでも、日本には世界に負けない自然がある!っと、私は思っています。



その一つがこれです。







『1987年7月31日 - 北海道東部にある釧路湿原が国立公園に指定』



日本では28番目の国立指定公園です。



公園自体が湿原のため、立ち入り制限が厳しく、事実上は立ち入り禁止区域がほとんどです。



そのおかげか、タンチョウやイトウ、キタサンショウウオなどの貴重な野生動物の宝庫となってます。



やはり北海道!!この大自然は圧倒的です!!!



特にタンチョウの夏季繁殖地が湿原を含む道東各地に広がっていて、冬には釧路湿原へ戻ってきて越冬する画は、北海道の風物詩ですね。



また、日本最大の淡水魚であるイトウやキタサンショウウオなどの希少な動物も多く、貴重な自然の残る領域。



今は湿原の保全に向けて、国が主体となった「釧路湿原自然再生プロジェクト」による自然再生事業が行われています。

関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

Blog
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
アフィリエイト・SEO対策