スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

味気ないのがちょうどいい?海カレーがおいしい

日本の玄関と言うと、今は空になりますが、つい最近までは海でした。



それと一緒にやってきた、みんな大好きカレーが、ちょいとブームにもなってます。



『1859年6月2日 - 日米修好通商条約によって、横浜港と長崎港が開港』



そして開港と同時に日本に入ってきたのが、「横濱カレー」。









横浜港開港記念日

長崎港開港記念日

横濱カレー記念日

の3つです!!



そもそも日米修好通商条約は、まだ徳川幕府時代の事。



その調印は徳川幕府のものです。



当時はヨーロッパ、ロシア、アメリカとお互いが牽制しあっている時代。



日本とアメリカは、そんなイザコザの中、万が一日本が巻き込まれた時に、アメリカが仲介するとの約束が盛り込まれていました。



そんな中、ひっそりと巷には、カレーが上陸。



横濱カレーは、中華街にちょっと押され気味ではありますが、横浜名物の一角ですね。



同じく海のカレーと言うと、海軍名物横須賀カレー。



こちらは毎年、どの護衛艦のカレーが一番おいしいか?と、カレーフェスティバルが開催されてます。



各護衛官の調理人が腕によりをかけてカレーを作り、みなさんに振る舞ってくれますね。



そーいえば、海の家でも、味気ないけど、カレーが妙においしく感じますよね・・・



なんだろうか・・・あれは・・・





関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

Blog
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
アフィリエイト・SEO対策