これからがシーズン!玉屋!鍵屋!


「たまやーーーー」





「かぎやーーーー」










2業者(?)の花火屋が双方の腕を争って、交互に花火をあげたため、観客が「よい」と感じた方に掛け声をかけるようになったのが、「玉屋」「鍵屋」










その花火に由来した日が5月28日の今日。










『5月28日 - 花火の日』










享保18年5月28日(1733年7月9日)、両国の川開きに合わせて花火を催したのが始まり。










これは前年1732年に大流行したコレラの死者を弔う、慰霊の意味もあったんです。













この頃は、鍵屋が担当。










20発ほどが精一杯で、今と比べるとおとなしい感じですね!









その後、鍵屋から独立を果たした玉屋が勢力を伸ばし、2業者の争いに。









一時期は玉屋の評判がよくなり、独走状態になったこともあったそうです。










しかし玉屋は火災事故を起こしてしまったことをきっかけに、玉屋は1世代で終わってしまったそうです。










それでも現代までその名残が残っていると考えれば、すごい話ですよね。。。



これから花火シーズン開始!



ここ2,3年は天候との争いにもなっていますが、今年は安定して開催されるといいですね!





関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

Blog
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アフィリエイト・SEO対策