世界との玄関口成田空港完成



歴史を振り返ると、面白いものです。



世界との玄関口でもある成田空港。










『1978年5月20日 - 新東京国際空港開港』















成田空港と言えば、やはりその完成に12年を費やし、地元住民との激突が激しいものだった事を連想させますね。










地域住民の意思を完全に無視された形で、ほぼ強行的に作られたんです。










そのため紛争が起こり、死者も出たとか。










開港日4日前には、過激派ゲリラが管制塔に突入し、機器が破壊されたこともあります。










つまり開港が4日遅れたわけです。










4日遅れる事によって、どうなったのか。










それは、1941年まで振り返ると、実は東京の芝浦・竹芝ふ頭が外国貿易港として開港した日と重なるんです。










これまで横浜港が玄関口だったのが、東京にも大型船が入港できる港が必要となったんです。










そう、海と空の両方で世界とつながった日が5月20日なんです。















成田空港と東京湾が出来た日と言えるわけです。










同じ日なんですねぇ。





関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

アフィリエイト・SEO対策