スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

くらやみ祭りin府中 2014

久々の夜の更新になってしまいました。。。



そんな時間が経ってしまった中、今年もやってきましたGW。



例年通り、府中ではくらやみ祭りが開催。










日本一の和太鼓(実質世界一)も、快音を響かせていました。



今年は暑くもなく、ちょうどよかったので、心地よかったのではないでしょうか?



最初は4月の「汐盛り」という神事。



神職一行が品川海上に出て身を清めるとともに、清めの汐水を神社に持ち帰り、大祭期間中の朝夕潔斎時にはこの汐水を使用するわけです。



これがくらやみ祭りの始まりになるのです。



5月3日の競馬式(こまくらべ)



公開される神事としてはこれが最初。







東京競馬場がある府中ですが、その競馬とは違います。



武蔵国府の国司は朝廷や時の幕府に献上するために、良馬を府中に集め馬場で走らせ検閲の上選定していたのです。



その行事を現在は競馬式とし、約千年以上続けられている古式となっているのです。



5月4日






万燈大会。



昭和54年(1979)より始められ、それ以前は各町内子供御輿の後に付いていました。



現在は地元の青年会が中心となり、毎年制作する万灯の出来映えやそれを操る者の技、力強さを競い合う行事となっています。



太鼓もこの日、町中を周り、快音を響かせます。



ちなみに、



・御先拂御太皷 歌口径 : 2m00cm  昭和60年製作

・御本社一之宮御太皷 歌口径 : 1m29cm  昭和27年製作

・二之宮御太皷 歌口径 : 1m85cm  昭和52年製作

・三之宮御太皷 歌口径 : 1m81cm  平成2年製作

・五六之宮御太皷 歌口径 : 1m87cm  平成6年製作

・御霊宮御先拂御太皷 歌口径 : 1m56cm  昭和9年製作



そしてメインイベント。



5月5日~5月6日にかけてのお神輿。







こちらはまだ準備段階で、担がれていはいませんがこのお神輿が、5日の夜、そして6日の早朝にかけて府中の町中を巡ります。



お神輿は



・一之宮 小野神社  東京都多摩市鎮座

・二之宮 二宮神社(小河神社)  東京都あきる野市鎮座

・三之宮 氷川大社  埼玉県大宮市鎮座

・四之宮 秩父神社  埼玉県秩父市鎮座

・五之宮 金鑽神社 埼玉県児玉郡神川町鎮座

・六之宮 杉山神社 神奈川県横浜市鎮座

・御本社 大國魂神社  東京都府中市鎮座

・御霊宮 大國魂神社  東京都府中市鎮座





関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
アフィリエイト・SEO対策