世界的に労働者がモノを申す!メーデー



日本では独自の「勤労感謝の日」が制定されているので、馴染みは薄いのですが、世界的に見ると5月1日はMay day、メーデーですね。










Labour day、レイバーデーとして「労働者の日」と言っているところもあります。












1886年にシカゴの労働者が「8時間労働制」を求めてストライキやデモを行ったんです。










1889年の第二回では、いきなり国際的な万国労働者団結の日となり、1890年にはメーデーとして世界中で労働者の日と制定されたんです。





1952年には血のメーデー事件として、歴史的大事件も発生。










日本でも、1920年に上野公園で行われ、その後全国に広がりました。










しかし1936年から1946年まで政府によって禁止。










また日本ではゴールデンウィークの一つとして休日扱いにしている企業もあるため、特別祝日になることもなく、これまでに至っています。










そして祝日の一つとも数える事もあって、大きなデモは起きにくいとされています。










しかしジワジワと動きが盛んになっていることも、また事実。。。










そのうちドカン!と来る気もしますが・・・






関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

アフィリエイト・SEO対策