意外と海外旅行でびっくりする事、サマータイム



私は高校でニュージーランドへ。

その後オーストラリアと、海外での生活がありました。

ただ今でも忘れられない事がある。と、言うか、日本にはないから新鮮なんでしょうね。

ある一定の期間、一日が明るくなるんですよ。

Day Light Saving または、Summertime と言われている、あれですよ!

1916年4月30日

ドイツで初めてサマータイムが実施されました。

1916年ですので、第一次世界大戦中ですね。

目的としては

・明るい時間を有効に使えるので、節電になる

・交通事故や犯罪発生率の低下

・活動時間が増える事による経済の活性化

・夜まで日照時間が増えるので、余暇の充実

とあるんです。

サマータイムに入ると、1時間時計を戻すので、夏本番になると夜9時くらいまで明るくなるんです。



ただ日本では採用されていません。

イヤ、採用されたこともあるのですが、無くなったと言うのが正しいですね。

理由としては、日本らしいと言えばらしいのですが、日照時間が増えるのでサービス残業が増えるのでは?という懸念があるからです。

私自身も、最初はやはり感覚がずれて、気が付いたら「こんな時間!?」なんて事もありましたから、意思がなくても残業しちゃうなんて事もあるかもしれませんね。

また人口が多いため、日照時間が増えたことにより自宅での冷房使用率が増え、節電以上に消費が増えてしまう可能性もあります。

と、日本では味わえない、日本人にとっては珍しい体験のサマータイムが世界で初めて実施されたのが4月30日でした。


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

Blog
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アフィリエイト・SEO対策