スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お茶しましょ!と言われ始めた

喫茶店って行ったことありますか?





カフェではなくて、喫茶店です。





最近は減ってしまいましたよね。





『1888年4月13日 - 東京上野に日本初の喫茶店「可否茶館」が開業』





これにあわせて、今日は「喫茶店の日」と制定されています。












当時はもちろん純喫茶と今で言われるような、コーヒー一本の喫茶店ですね。





1階がビリヤード場、2階が喫茶室の2階建て洋館で、1杯2銭の牛乳よりも安い1銭5厘で提供されていたのですが、日本初の喫茶店は5年で閉店してしまったのです。





なかなか当時はコーヒーを飲むという習慣そのものの浸透がなかったため、発展もしにくかったのです。





そのため、今ではパン屋さんの「中村屋」、果物屋さんの「千疋屋」も、実はその昔は喫茶店だったのですが、業種を変えて今にいたっています。





では喫茶店が浸透し始めたのは??





そのきっかけ作りに登場したのが、「上島珈琲店」です。





今でこそ軽食も出していますが、カフェと比べると極めて喫茶店に近い形で展開していますね。





その後、珈琲館、カフェ・ド・コロラドが誕生。





徐々にコーヒーを飲むという習慣が浸透していきました。





今では世界規模のチェーン店も日本に入っています。





なんか想像出来ない話ですよね。。。





関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

Blog
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
アフィリエイト・SEO対策