スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

渋谷で人の流れが変わった瞬間から一年

なんか、、、もう一年経つんですね!!





『2013年3月16日 - 東急東横線渋谷駅地下化。みなとみらい線 - 東武東上線・西武池袋線の相互直通運転開始。同時に東京メトロ日比谷線との相互直通運転廃止。』












「路線図が変わります」


「乗換が変わります」


「移動のルートが変わります」





やはりあの乗換はネックでした。





あの部分がなくなったという事で、“人の流れが変わります”と、当時も相当言われていました。





あの乗換がイヤで、他路線使っていた人もいると思います。





と、言うのも、アプリやネットで路線検索すると「乗換数」が出ますもんね。





気になるんですよ、やっぱり。





この乗換による人の流れの変化で、一番大きいのは埼玉方面と横浜間でしょう。





とりあえず、直通で行けるようになったのは大きいですね。





また、例えば埼玉方面から横浜に出たくても、「行きにくい」として懸念していた人達は、これから行きやすくなったわけですから、動き出すでしょう。





そして渋谷から新宿や池袋方面に動いて人の流れが、代官山や明治神宮方面にも拡散することになると思います。





もちろんその逆もありますね。





埼玉、横浜方面の方が、渋谷、新宿、池袋へのアクセスが良くなったわけです。





他路線の分散化が言われていて、実際に渋谷駅の利用者は激減したようですが、私はこれは良い事だと思っています。





路線ネットワークの充実は確実に人の足を軽くします。





少なく、コンパクトにシンプルなのが常にいいとは限りませんね。





関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

Blog
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
アフィリエイト・SEO対策