今でも皆が集まる忠犬に逢いに行こう!

ソフトバンクの孫社長の一言に「待ち合わせは渋谷のハチ公、銀座のお父さん」





なんて一言が、ちょうど去年頃にありましたが。





そんな渋谷の待ち合わせ場所と言えばのハチ公。





『1935年3月8日 - 昔の渋谷駅前で忠犬ハチ公が死んでいることが発見』





事実上の命日ですね。












当初は、講義の途中で亡くなられた東京帝国大学の教授、上野英三郎を渋谷駅で待っている途中での衰弱死というのが、原因とされていました。





映画やドラマにもなってますが、こちらの説が多いですよね。





ところが、渋谷駅では有名になっていた、毎日上野教授を待っているハチ公に対して、食べ物を分け与えたりしなかったの?って疑問が残ってしまうんですよね。





一説では、元々癌があったとか、犬特有の寄生虫フィラリアがついていたとか、何説かあるんです。





そうですよね?





像にまでなるハチ公ですよ。




毎日、上野教授を待っている犬って事まで知っていて、衰弱するまでほっておくことは、人としてないですよね。



関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

Blog
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アフィリエイト・SEO対策