スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

紙からRe:スタート クライストチャーチ

『2011年2月22日 - ニュージーランドでカンタベリー地震が発生』












2011年のニュージーランドクライストチャーチで発生した大地震。



それによって、語学学校が崩れ、亡くなられた学生さん達が多数いましたね。



そして歴史あるクライストチャーチも崩壊。









私自身も、NZに留学していた際に、訪れたことのある地でもあったので、非常に残念に思いました。


そんなクライストチャーチ跡地に、「紙の聖堂」ができたというニュースが舞い込んできました。





「紙」?「神」と変換間違いをしているわけではありません。





作ったのは日本人建築士の坂茂さん。















防水加工、難燃加工された紙を使って建設され、700人も収容できるのだそうです。





その耐久年数50年。





新しく建てられる聖堂の建設に10年ほどかかるとの事なので、十分、代役を全うできるわけです。





行かれた方はお分かりいただけると思いますが、クライストチャーチの大聖堂は、クライストチャーチの市のシンボル的な存在でした。





こおゆう意味では、復興のシンボルにもなるのでは??





関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

Blog
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
アフィリエイト・SEO対策