日曜日なのに、東京駅に降りていた

東洋一と言われた建物が東京駅前に出来ました。





『1923年2月20日 - 東京駅前に丸の内ビルヂングが竣工』





昭和戦前期最大の建物です!!






そう、今ではもっと簡単に、短い期間で倍以上に大きな建物を作ってしまいますが、当時ではモンスター級の建物だったんですね。





当時「丸ビル何個分」と大きさの比較に使われていました。





今は「東京ドーム何個分」ですよね。





その当時の偉業を残すために、現在立っている丸ビルも下層にはこの面影が残されていますね。









今でこそ、休日でも丸ビルに行きますが、当時はそーゆう発想はなかったんですね。





キャッチフレーズは「日曜日なのに、東京駅に降りていた」





今はご飯屋さんもたくさん入っていますし、下層部分の屋上は外にでて、東京駅を眺めながらお茶出来ますよ。





ぜひ、“遊びに”丸ビルに行ってみてください!





関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

Blog
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アフィリエイト・SEO対策