スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

チェリャビンスク州の隕石落下、隕石に導かれてみませんか?

地球が宇宙にある以上、隕石衝突は免れないとは言いますが、それでもなかなか実感はないものですね。





確かに恐竜の時代が終わったのは、隕石の衝突と言われていますが・・・





しかし、一年前、この映像を見た時は、怖かったですねぇ。





『2013年2月15日 - チェリャビンスク州の隕石落下』









よくテレビで流れていたこの映像を見ると思い出すのではないでしょうか?





この落下で特徴的だったのは、事前に小惑星としての観測がされていなかったことです。





あまりにも小さい小惑星だったために、現代の技術をもってしても、観測が困難なのだとか。





元となった小惑星は、直径17m、質量1万トンであると推定されています。





確かに小さいですけど、被害を見ると、隕石って怖いですねぇ・・・





落ちた現場はと言うと、チェバルクリ(チェリャビンスクから西に約70km)から約1km離れた位置にあるチェバルクリ湖。





表面を覆った氷に、隕石の落下によるものと見られる直径約8mと約6mの穴が見つかったのです。





なので、今、現場に行っても、実は何も見れません!!





穴のない氷が張ったチェバルクリ湖ですね。





隕石落下によって出来るクレーターがありません。





なので、ロシアに行った際には、ソチに行ってみる方が、面白いですね!(笑





関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

Blog
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
アフィリエイト・SEO対策