やっぱり見ておきたい、日本の風景「梅」

春の観光シーズンスタートは、日本では梅まつりです。




早いところでは2月から梅が咲き始め、2月上旬から中旬にかけてが年最初の盛り上げりを見せるんです。




東京近郊だと、やはり伊豆・小田原方面ですね。




東京都小田原・箱根を結ぶ小田急線にはホントお世話になります。


小田原の梅まつりは実質、2月1日にオープン。




まだ4分咲程度と、少し寂しいですが、まだまだこれからですね。





梅と言えば、冬に多くの水分と冷え。





その低温からほのかに温かくなってくる気温が開花の条件になってます。




今年は少々雨が少なく、寒い日が長く続いているため開花も遅れ、ひょっとしたら花の数が少ないかもしれないとのコメントも出ています。





同じく熱海梅園も、開花が始まっているのですが、こちらも少し寂しいようですね。





atamisakura.jpg





そして梅が咲かなければ、梅を商品としている商店にも影響がでるんですね。





梅園近くの飲食店なんかは、このシーズンに勝負をかけているところもあります。




「観光業」の難しい、だけどコントロールのできない部分、『気候』




逆に気候を利用した、「クライメイトツーリズム」もあるんですけどね。





まぁ、これは別の機会にしましょ!





関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

Blog
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アフィリエイト・SEO対策