スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リュウグウノツカイ、食べてもバチ当たらないか・・・

以前、さかなクンが食べたと話題になった魚。





話題再浮上とのことですが・・・





リュウグウノツカイ










私も観光地をコンサルタントとして周ってきましたが、深海魚を目玉にしようと考えている地域は結構あります。





しかし、深海魚はなかなか取れるモノではありませんし、一般的には美味しくないと言われています。





そんな深海魚ですが、名前や姿からでしょうか、結構みなさん知っているリュウグウノツカイが兵庫県の海外に打ちあがったのが発見されました。




この話は兵庫・豊岡市竹野浜のたけの観光協会でのこと。





普通は研究資料となったり、標本として引き取られることが多いのですが、今回は引き取り手が現れなかったそうです。





そこで、





「そうだ!食べてみよう!」





となったのです。





以前さかなクンも話題にしていた通り、普通に食べてはやはりおいしいものではないそうです。





この時はお鍋で。





「さっぱりとしたおいしさの中に脂ものって、思いのほかおいしい!例えて言うならば、地鶏のお肉に似ている」





だそうです。





そして今回は、みそ汁、バター炒め、ポン酢和え、醤油バター焼き


みそ汁・・・卵の白身みたいな触感に、タラの様な甘味がある。


バター炒め・・・汁の時より若干食感があり、ご飯のお供と言うより酒の宛向き?


ポン酢和え・・・味は濃厚な蟹味噌!あまりに濃厚で、沢山は食べれないかも。


醤油バター焼き・・・部位によって、鶏のハツや牛の白もつのような味と食感。





と、悪くないみたいですね。。。





ただ、リュウグウノツカイ





・・・竜宮の使い





なんか、バチが当たりそうですが・・・





関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

Blog
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
アフィリエイト・SEO対策