日本人はこうした“貴重なもの”の取扱いが全く下手でデタラメだ

日本人だけではなく、世界中の方々が衝撃を受けた出来事があった日です。





それ以来、日本では毎年特別な訓練が行われています。





『1949年1月26日 - 法隆寺金堂で火災。国宝の壁画を焼損。』













昭和24年1月26日の早朝に、現存する世界最古の木材建造物、法隆寺の金堂で火災が発生しました。





それに伴い、堂内にあった壁画の大半が焼失してしまいました。





自然災害や戦火をも遭わずに、飛鳥時代から伝えられてきたものでした。





この火災に伴い、日本国民はもちろん、外国人にとっても非常に衝撃的な事故となりました。





当時のロンドン・タイムズ、東京支社局長のフランク・ホーレーは





「法隆寺は外国人にとっても非常に興味を持たれている・・・法隆寺が焼けてしまったと聞いたらどんなに悲しむことか・・・日本人はこうした“貴重なもの”の取扱いが全く下手でデタラメだ」





語りました。





これをきっかけに、昭和30年、文化財保護法案成立と併せて、1月26日を文化財防火デーに指定。






毎年、地元消防団と地元が手を合わせて迅速な消防・防火が出来る様に訓練活動が行われています。





私の地元、東京都府中市の大國魂神社でも、ポスターが張られ、意思の統一が図られています。













関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

Blog
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アフィリエイト・SEO対策