東京五輪、勘違い見直し編

これまで3回にわたって、「喜んでばかりでは済まない!」という事を綴ってきました。




今回は1回お休みをして、世間的に勘違いされていたり、ここではっきりしておくべきことを整理したいと思います。




結構いるんですよ、学者さんや政治家さんでも勘違いされているかたが。




●新・国立競技場はオリンピックの為ではナイ!




一番勘違いされていますよね。




テレビでもはっきりと間違い情報を流しているのが、この国立競技場。




確かに建て替えはされます。




しかし、




オリンピックの為ではありません。




東京五輪が開かれようが誘致失敗していようが、新しくなります。




それは、そもそも理由が違うのです。




2019年ラグビーワールドカップが日本で開催されます。




そのために、国立競技場は建て替えされます。




オリンピック招致されるよりも以前から、ラグビーワールドカップが開催されることは決まっていました。




お隣の秩父宮ラグビー場と共に、新しくなるのです。




●リニア中央新幹線はまだ微妙な立ち位置




なんとなく2020年までにリニアモーターカーのリニア中央新幹線が開業されると思われています。




経由駅も決まりましたし、品川駅に新しい駅が作られることも発表されました。




しかし残念ながら決定ではありません。




JR東海の山田社長は、「五輪は無理」と明言しています。


と、言いますのも、もともと2027年の開業を目標とされてきました。




新しい交通システムで、現段階でも実験中であるものを線路と駅を含めて7年で実現させることは極めて不可能だと言われています。




そもそも設備の工事だけで10年かかると計算されていますからね。




確実な安心性を提供しなければいけない現場ですので、焦りや無茶だけはしてほしくないですね。




それを考えると、「無理」と言われているものを、無理やり作ってしまうのにも怖さが残ります。




●観光業の経済効果にはマイナスを計算しなくてはいけない




オリンピックによる経済効果は3兆円とも言われています。




専門家や情報機関によっては10兆円とも。




しかし、観光業では、




一人人間が他地域に入ると、一人に対して約2万5千円のコストが発生する





というセオリーが存在します。




「人が来る」

「物を買ってくれる」

「宿泊してくれる」

「観光地へ行ってくれる」




ばかりで計算すれば、そのくらいの数字は出るかもしれません。




ただ、オリンピックと言えど、それは不可能です。




しかも東京ですよ。




老朽化した高速道路、地下街、トンネル。




新しい道路に施設、設備。




そして一人に対しての2万5千円のコスト。




利益として残る部分があるのか、私は逆に心配しています。




今のままでは、ロンドンや北京と同じく、オリンピック赤字が発生してしまいますね。



関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

Blog
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アフィリエイト・SEO対策