スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

観光の国際競争力を比べるとこんな感じ

世界経済フォーラムが発表した「ASEAN旅行・観光競争力レポート」で競争力を数値化して、掲載。




「観光政策・規制」

「安全保障」

「健康・衛生」

「航空インフラ」

「情報通信技術」



など、14項目が算出基準。




7点満点で、点数が高い方が競争力があることを表すんです。




これによると、スイスが5.7点で1位。




スイスは早くから観光業に力を入れている国の一つですね。



たぶん多くの人が抱いているイメージは「良い」でしょう。




また多くの国際機関の本部が設置してある国でもあるので、地域能力は高いと見えます。




そして最下位の国はカンボジアで109位。



やはり安全保障が影響しているのでしょう。




有名な観光地、アンコールワットでさえ、決して安全とは言えませんから。。。




また変化が見られない事から、政策が微力・あるいは無いと考えられます。



安全保障はやはり大事ですよね。




そして日本はと言うと、4.9点で22位!




安全保障や健康面と言うのは自慢を持てるポイントですね!




しかし航空インフラの“量”重視は少々問題ありのようです。



そして観光規制がざる状態である事は、テレビでも報道されている通りです。




イベントやPRで人を呼ぶ前にやる事がある。




この部分ですね。




やはり人は、安全と「安心」も欲しいですから。




後は、海外と比べると、の話ですが、公共Wi-Fiの普及や国際通信網の発展の遅れも挙げられます。




携帯電話も、海外の携帯を持ち込む時のローミングサービスは日本ほど便利ではないですし、Wi-Fiも申し込みをしなければいけませんよね。




これを地域の観光に活かすことは十分できます。




国が出来ていないからと言って、地域がやってはいけないルールはないのですからん!!


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

Blog
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
アフィリエイト・SEO対策