スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キューピーはNG!?規律への最大配慮を考える

旅行のお土産にもある「キューピー」。





地域によっては、絶対にNG、タブーになることもあるんですね。





キューピーというと、元はマヨネーズのシンボルマークですね。





最近ではご当地キューピーちゃんもあって、知らない人はいないのでは?と言えるのではないでしょうか?





ところが、こんなニュースが飛び込んできたのをご存知でしょうか?





世界的な企業へと進化を続けているキューピーは、東南アジアへの進出も始めました。





もちろん日本でもお馴染みの包装で、キューピーも健在です。





と、いきたいのですが、偶像崇拝を禁じられたイスラム教の信者が多い東南アジアでは、天使とみなされているキューピーは絶対的なタブー。




観光&ホスピタリティコンサルタントDiTHiのホスピタリティ観光で地域魅力UP!日本を盛り上げよう!



こうやってキューピー後姿を見るのはなかなかないのですが、羽もついてますね。





天使です。





なのでイスラム圏への事業拡大には、このキューピーを変更しなければいけなくなったのです。





経済成長もこれから、2億人を超えるインドネシアでは、夏までにデザインを切り替える方針だそうです。





そう、他国の人にとっては、自分たちには当たり前の事が、とてつもなくヒドい事でもあるんですね。





まぁ今はいいのですが、もしイスラム圏の方々が日本観光へ進出してきた場合、ご当地キューピーに配慮が必要になってくるのは間違いありませんね。





もしかしたら、天使に神様という解釈がある人達にとっては、お土産で売っているとなればこれはもう冒涜。





世界の人達が来てくれるのはうれしい事ですが、迎える準備も必要なのだと、学べますね。





関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

Blog
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
アフィリエイト・SEO対策