スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

観光業でぜひ気を付けたい事、「無意識ぼったくり」

まちづくりや観光地づくりにぼったくりが増えています。



しかも、それが無意識に行われているケースが多くあります。



もちろん確信犯もあります。



人を呼ぶことに執着し過ぎて、起こる事です。




いわゆる「過剰広告」や「景品表示法」のお話。



●工場見学が博物館見学に?



去年から流行りもある工場見学ですが、人気だからこそ無意識で行っている事があります。

それは工場見学ツアーと名乗って、その9割ほどが博物館の様に展示物化していることです。

実際に稼働している部分はほんの少しで、ほとんどは解説付きの展示品。

動いている工場を見に来たお客様にとっては最悪ですね。







●レギュラーガソリンをハイオクと偽って販売




ガソリンって見た目ではよくわからないですからね。

特に素人じゃ、これに加えて品質なんて余計にわかりません。


●焼肉の「ロース」は四分の一がロースじゃない?

4社に1社が実はロースの周りも含めてロースと表示しています。

切った時にちょこっとでもロースの部分が入ってればOK!って出していたそうです。





●「無菌生かき」に無菌処理をしていない!




これって、めちゃくちゃ危なくないですか!?

カキって当たる食べ物ですよね。
私は貝類がダメなので特に問題はないんですけど。。。





●「ダイビングライセンス取得1万円ポッキリ」じゃなかった!




これは観光業・レジャー業からの例ですね。。。

そうなんです。これはよく使われる方法で、今でも普通に行われています。

「取得に1万円」は、正しいですよ。装備代やボート代を後で払ってくださいって言われます。

観光客を狙った悪徳商法の一つですが、これといった法律はないので、みなさんで気を付けてもらうほかありません。


 

●「他社平均より安い」「いつもより安い」のはずが?

ホテルや旅館、一部の観光業で使われるものです。

もともと、季節や旅行シーズンで値段の変動があるのですが、それを逆手にとって、「いつも」の基準をあいまいにするわけです。

「そんな値段で売ったことないけどね」ってわけです。

これらは自社製品が有利に見せるための「有利誤認」と呼ばれる手口で、違法広告にあたります。



●ポイントカードの扱いにも注意

「105円で1ポイント、通常3倍、土日6倍」

これ、意味わかりますか??

実際には実害はないんですが、「今なら得だ!!」という心理を使う「誤認」であって、違法なんです。





●紳士服販売業者5社の「全品半額」は誇大広告?

よく見る紳士服屋の「全品半額」。しかし実際に来店すると半額にはクーポンが必要だったり、一部商品のみ半額だったりと、どうも広告に書いてあることと違うこと、ありませんか?

また、「2着目半額」とかも、店員さんの誘導でいつの間にかに違うコーナーへ?なんてことも。




キャッチコピーって、「表現の自由」を逆手にとった、危ないものもたくさんあるんですよね。




関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

Blog
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
アフィリエイト・SEO対策