観光コンサルタント - 最近の駅はどこも同じで面白くない

駅と言えば、駅ビルがあって前にはターミナルがあるってイメージですか?




私はそれはつまらないと思っているんです。




どこでも同じですよ。




それは、残念ながら、あの京都でもそうです。




京都駅も、どこにでもある駅ビルがあって、ターミナルがある駅ですよね。




さて、今回、横須賀線の鎌倉と北鎌倉駅の両駅舎を秋までにリニューアルすると発表されました。




世界遺産登録を目指した準備の一つとされていて、玄関口にふさわしい駅にするという話です。




そもそも「玄関口にふさわしい駅」を気にしているのは日本だけですけどね。




で、リニューアルでは、




屋根、外装の塗装

案内サインと駅名板の改良

照明のLED化

地下通路部分の塗装




建て直しみたいなことはないので、その辺はこれまでの風景が守られそうで、安心です。




と言うか、個人的になんですが、結構今の鎌倉駅って、雰囲気あって好きなんですよね。




「古都鎌倉」にふさわしい駅として風景に溶け込んでる感じがして。




もちろんバリアフリー化も含めて、合わせて1億6000万円。




見事に“昔にカムバック”した東京を見習った改良をしてほしいですね。



関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

Blog
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アフィリエイト・SEO対策