スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ホスピタリティ - スタバの小型店舗続々、サービスも小型化!?

スターバックスが小型店舗を続々と展開していくみたいですね。



松屋やH&Mといったブランドも小型店を出店していくみたいです。



コンビニやファストフードがカフェ販売を開始し、これからも強化されていくことを考えると、スタバの対抗処置と言ったところでしょうか。



この夏に開業した千代田区の実験店では、開業後3か月で客数は2割増加。



運営コストが1割ほど減ったそうです。



そういえば、スターバックスといえば、2009年に、従業員6700人規模の削減と、世界で約300店を閉鎖しましたよね。



この裏には、急激に店舗数が増え過ぎた事と、数の多さ故に商品の管理が不可能になるとの理由でした。



消費不況と重なり、業績回復が見込めずに、リストラと閉店になったのですが。。。



今回は、小型店舗を増やすということで、店舗の運営コストは削減できるかもしれません。



また人件費も、そこまで増えることなく済むのかとは思いますが、やはり私的に懸念されるのは商品そのものです。



はたしてスタバ本来の商品基準を保てるのか。



そしてこれまで同様の商品を提供できるのか。



コーヒーと言うのは、コーヒーを入れる際の量から削ったときの細かさ。



お湯の温度に、そもそも入れる人によって変わります。



またスタバはメニューが豊富というのも売りですね。



大型店舗ともなると、オリジナルの味を店員さんに注文することもできます。



この管理が難しいという理由で、対象に閉店をしたのに、今度は小店舗として展開を進める。



なんとなく、同じ繰り返しになってしまうのでは?と考えてしまいます。



コンビニやファストフードのコーヒーに対抗するのは、数よりも質で勝負してほしいですね。



せっかくコーヒー豆にもこだわりを持ち、バリスタを配置して世界でも統一したコーヒーを提供するという強みがあるのに。



なぜここで敵視したのがコンビニやファストフードなのか。



本当にコーヒーのファンの人を裏切らない結果が出るといいですね。




関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

Blog
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
アフィリエイト・SEO対策