スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

観光コンサルタント - 東京にも地域活性化が必要だという事実

実は東京にもゴーストタウンが登場する可能性はかなり高いと言われています。



そしてそれは、一歩一歩確実に近づいています。



地域活性化と各地で言われる近年、私も観光を媒体に地域も元気になればと思っています。



しかし現実はやはり相当深手の問題があります。



総務省が発表したデータでは、65歳以上の高齢者が3千万人を突破。



30年で4千万にかなり近づくとされています。



今の時点で、少子高齢化がささやかれている中、家族構成をこれに当てはめると実に興味深い分析ができます。



国土交通省の推計で、2005年から2035年にかけての高齢化は、全国平均で45.1%。



しかし東京圏だけを見ると、77%となっているんです。



実は東京23区を出ると、高齢化率4割の自治体がずらりと並んでいます。



この要因は、「団塊の世代」が東京に集まり、このグループが一気に高齢化層になること。



そして少子化により、若い世代も家族が小さくなり、23区に近いマンションでの生活が中心となりました。



そのため、郊外に住んでいる人たちがこれから高齢化が進み、将来的に空き地が増加したとしたら。。。



周辺住民が利用しいた商店街はなくなり、スーパーやデパートも手を引くでしょう。



実際に今、首都圏の13%が空き地になっており、取り壊されることもなく残っているそうです。



地方でも同じように、いや、倍速でこの問題は進行しています。



私もこの目でいくつか拝見し、どうにか観光とホスピタリティにて手助けできたらと考えました。



ところが地域の方々もどこかで「無理かも」と思っているのが現状。



さすがに地元の協力なしではうまくいきませんので・・・



まずは住民を巻き込んで一緒になって考えることが必要です。



それも、「近いうち」に・・・




関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

Blog
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
アフィリエイト・SEO対策