スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

観光コンサルタント ‐ 守ると言う観光 case「守礼門」

東京は修学旅行と言ったら沖縄です。




その中でも必ずと言って良いほどスケジュールに入るのが「守礼門」ですよね。




今回、シロアリ被害によるダメージが深刻化、放置するには危険な状況みたいです。




そのため、約1824万円をかけて、最大規模の保存修理へ取りかかるそうです。




観光客も続いて訪れることも考え、透明なシートを使って、なるべく守礼門が見えるように配慮があるようですね。




これまで1993年と2004年の修繕のみで、ほとんどが1958年の復元時のものなんです。




しかしシロアリ被害が2009年に確認され、その後も虫食いが広がっていました。




観光業では、セオリーにもあるのですが、「開発よりも保存の方が難しい」。




特に歴史遺産を観光資源としている場所は、人の出入りも多く、場合によっては外環境からの「持ち込みダメージ」というのも考えなくてはいけません。




カビとか花粉なんかが当てはまります。




他にも自然界に車のオイルを踏んでしまった靴で入ってしまったら、それはダメージですね。




今回はシロアリとの事ですが、虫による被害もなかなか大変なものです。




十中八九のケースでは、殺虫剤が使えないですからね。




なるべく自然にあるもので、虫を防ぐ方法がとられます。




この辺は大工さんや職人さんは詳しいので、下手な事は言えませんけどね。




沖縄のイメージともなっている守礼門。




元気になってほしいですね!





関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

Blog
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
アフィリエイト・SEO対策