スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

観光コンサルタント - STOP! B級グルメの横行

「似て非なる料理横行 まちおこし台無し」



という記事が読売新聞に出ていました。



私も実際にお付き合いのあるお客様に、話をされたことがあるんです。



B級グルメと言えば全国規模の大会も開かれるほどに人気がありますね。



しかし中には、まったく違う、アレンジしすぎで存在が変わってしまったり、最悪の場合名前だけを使って料理を販売しているお店があるのです。



堂々とお祭りやイベント、露店で売っているそうです。



当然、世の中に出ている情報と食い違いがあるため、観光客から苦情が。



場合によっては「偽物」として、悪評が広がったりもしています。



私のお客様には、まだ苦情などはありませんが、実際に非公認の業者が販売している現状は把握しています。



特にB級グルメの様に、特別な食材が使われているとか、商標登録があるレシピがあるとか、法的に定まった制限がないものは、コピーされやすいですね。



名前だけにしても、観光業の現在の重要課題なのですが、商標登録が非常に遅れています。



また最近では似たような料理も増えています。



例えば非常にB級グルメ界では多いのが「焼きそば」。



多くの方に親しみがあるという面では非常に気軽に楽しんでいただけます。



しかし逆に言うと、誰にでもそれっぽい味を作る事ができます。



知らなければ多少の違いが気が付くことはありません。



味を統一化させることを法律ではできませんし。



つまり、自治体が正式にB級グルメとしても、簡単に真似をされたり、コピー商品が出回ってしまいます。



そしてをれを規制する手立てがないのが現状です。



私のお客様の方では、最低限の商標登録は行っています。



また公認・非公認という区別ではなく、あえて推進し広めていくことを行っています。



これが全力かと言われると、まったくそんなことはないのですが、規制を定めようとすると、今の日本のシステムでは何年かかるかわかりません。



本来ならば、私がお手伝いをさせていただいて、行う所なのですが、急速に課題として広がっている事柄なので、このブログを通してシェアさせていただきました。




関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

Blog
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
アフィリエイト・SEO対策