スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

観光コンサルタント - 紅葉が遅れるそうです。冬支度も改善が必要。

ようやく暑さが和らいだ感じですが、これは当然今後に響くそうです。




特に日本の観光業では自然を観光資源に挙げている地域が多くあります。




自然を観光資源にあげると、そのシーズンは、実は非常に難しい要素になります。




それは今年の様に、例年とは異なる気象条件になるからです。




今日、気象庁から、紅葉の時期が例年より遅れるとありました。




まぁ当然ですよね。




言っても10月で衣替えしてませんから。




紅葉が送れるのは、なんとなくでもわかります。




そこで観光業は問題を抱えると言うわけです。




例えば、秋の次、冬の行楽を売りにしているホテルや旅館にとっては紅葉が遅れることが致命傷になる可能性もあります。




簡単に言うと、秋のシーズンと冬のシーズンの移行期間が短くなるわけです。




地域としては、ようやく秋!って言ってるので、冬の準備はそれから。




冬のスタートが遅れてしまうかもしれないですね。




さすがに、ホテルや旅館、1件1件が全国に呼びかけを出来るほど、元気はありません。




給料は下がる、生活費は上がるという今の状況、人はなかなか動きませんからね。




そうすると、地域として一体的に動くのが得策なのですが、スタートが遅れればシーズンも短くなります。




冬が長くなる保証はないですからね。




今ある現状に対処するのは観光業ではありえません。




必ず次のシーズンを考えて動くのが、観光業ですので、紅葉が遅れると言うのは、すべての工程がずれてしまうという事。




こりゃ大変ですよ。。。





関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

Blog
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
アフィリエイト・SEO対策