観光コンサルタント - 東京に“古き”「新しい歴史」

いよいよ東京の歴史が復活ですかね!!




テレビでも頻繁に今日は取り扱っているので、おそらく見てる方もいると思いますし、もしかしたら実際に訪れた方もすでにいるかもしれませんが・・・




5年にわたる復元工事を終え、オープンへのカウントダウンが始まった東京駅。




今日、丸の内駅舎の内部が公開されましたね。




約100年前の様子が再現され、ステーションホテルも昔の姿が復活です。




北ドームの一部には、建設当時の赤レンガが一部残されていて、当時の空気を感じることもできます。




また、外国人向けのサービスセンターを設けるとの事。




主要国語の準備が整うそうですが、もし可能であれば、ガイドさん配置もしてほしいですね。




日本の外国人向けサービスセンターと言うのは、外国語のパンフレットや案内を置いておしまいになっている場所がほとんどです。




英語が出来る方なんて今はたくさんいますし、募集すればかなりの腕利きがそろいます。




もちろん需要の面は考えなければいけませんが、案内をする事は、決して言葉が通じなくても可能です。




海外ではほとんどがそうですね。




場所によっては、言葉が通じなくても案内ができています。







東京観光に熱が帯びている今、また新しい注目ポイントが現れましたね。




私も、公開になる来月早々には行ってみたいと思います。




ただ昨日ですか??




映像を使ったショーみたいなのがあったみたいですね。




完全に知りませんでした!!(涙




ぜひぜひ、東京の人間でもあるので、その姿を見に行ってきたいと思います。




結構大変なんですよね、ちゃんと見ようと思うと。。。





関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

Blog
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アフィリエイト・SEO対策