考えることを考える仕事、それがコンサルタント

考える事が苦手な人が増えていると言います。




と、言うより、考える事に苦手意識さえ覚えている人もいるそうです。




久々に自分の起業について考えてみたんです。




「コンサルティング活動って、考える事なのかな?」って。




私も観光・ホスピタリティコンサルタントと名乗って活動を始めて早1年。




専門学校で講師をしていたこともあってか、「先生」って呼ばれることに慣れてしまっている部分はあります。




ただ、先日起業家さん達の集まりで「先生と呼ばれることで浮かれてはいけない!」って言葉があったんです。




「物事を教える」立場なら確かにそうです。




それは自分自身が勉強することを怠ってはいけないので、考え方によっては常に学生でいなくてはいけません。




しかし不意に思ったのが、「教える事もそうだけど、解決のために考える事もあるよな」と。




物事を一緒になってくれる人に対して「先生」もなにもないですよね??




こう考えたんです。




という事はですよ、「先生」って呼ばれるけど、それは肩書き上での話。




浮かれるも有頂天になるも、結局は自分自身の問題ですよね。




絶対に向上心を忘れちゃいけない。




浮ついちゃいけない。




そーゆうことですよね。




考える事に対して、自分でも考えていかなければいけない。




どうやったら正しく考えることができるのか。




それが仕事であって、今の私の立ち位置なんだなって思ったんです。





関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

Blog
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アフィリエイト・SEO対策