観光コンサルタント - 観光業格安化の陰

今日、ニュースなどで見られた方もいるのではないでしょうか?




高速観光バス会社の多くが、基準を守られていない現状があるとの報告があったようです。




重大な違反として




「連続運転4時間まで」などの乗務時間の基準違反

運転手の健康状況を把握する点呼が実施されていない

日雇い運転手がいる

名義貸し




など、まさに法令違反!




関越道での事故を起こしたバス会社の社長も言っていましたが、現在のこの観光業全体的な低価格化に対して、その対処を行う上ではしょうがない、の言葉。




本音を言うと、今の低価格化の波は異常だと思います。




今までのやり方では間に合わない状況があるのも知っています。




実際にそのようなお問い合わせを私もいただいています。




しかしその厳しいと思われる基準でもおかしいとされた関越道での事故。




さらに厳しくなるとのうわさもありますが。。。




低価格化によって影響が出る企業がいよいよ重大なトラブルへとなってきました。




もちろん法令違反はとんでもない事です。




可能な範囲というのは決まっていますし、安全を100%確保してなんぼの世界。




しかし今の観光業の波のマイナス面が形となって出てきたのかな?とも思いました。





関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

Blog
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アフィリエイト・SEO対策