ホスピタリティコンサルタント - ホスピタリティの要素「心・技・体」

ホスピタリティコンサルタントと名乗り始めて、多々訪れるこの質問。




「ホスピタリティに何が必要なんですか?」




たしかに「もてなし」と言う単語でかたづけてしまうと、心の問題で済まされてしまいがちです。







私は剣道に柔道とやってきました。



そこで日本の武道の世界でよく耳にする言葉。



「心技体」



これはホスピタリティに当てはまると思っています。



お客様に対する「心」

サービスを提供するための「技」

そして実践できるだけの「体」




ここで初めてホスピタリティの基本が完成します。




例えばどんなに素晴らしい技術があってもそこに心がなければどうでしょう?




サービスは一方通行になってしまいます。




逆に心だけでは、お客様の要望に応えられるだけの実践が出来ずにおわってしまいます。




「心」「技」「体」のどれが欠けても完成しない。




ただ、一つ整えておきたい事があります。




それは「心技体」の重要度。




重要度の順番も心→技→体だということです。




一番に心が優先されるべきです。




心よりもテクニックが優先されることは絶対にありません。




テクニックは自身が衰えては付いてきません。




お客様への心を持ち、磨きこまれた技を持ち、その体を大事に維持することで、あなたのホスピタリティを育ててください。




お客様も心から喜んでもらえることでしょう。





関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

Blog
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アフィリエイト・SEO対策