スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

観光庁が荷物になってどうするんですか!!

またも、国の観光機関「観光庁」がやってくれました。

勘弁してくれ、もう!!



【参照】FNN4月16日(月)19時53分配信

東北観光の復興を担うイベント「東北観光博」のウェブサイトで、直訳により、意味が伝わらない翻訳が相次ぎ、外国語のウェブサイトは閉鎖を余儀なくされた。


観光庁が音頭をとって、3月から始まった東北観光博は、東北全体をパビリオンに見立て、観光誘致を行おうという壮大なもの。


しかし、岩手・盛岡の観光スポットを紹介する東北観光博のウェブサイトで、「啄木望郷の丘」の日本語ページを英語のページにすると、「石川啄木」が「ウッドペッカー(キツツキ)」と、そのまま訳され、「キツツキが家を眺めている」と英訳された文章が表示される。


さらには、鉄道の「五能線」が、「5つの能力線」となり、秋田・角館町の「神明社」の紹介ページでは、「明」を「アキラ」と訳し、「神」は「ゴッド」、「社」は「コーポレーション(会社)」と訳されていた。


この誤訳されたページを、英会話スクールの講師に見てもらった。
英会話「セブンアクト」のラッセル・ハント講師は「(英語版)これだけ見ると、『ハァ?』って感じです。なんとなく意味がわかりますけど、すごく不自然な表現とか、間違っているところがある」と語った。


街で聞いてみても、「どこかの会社のホームページみたい。神社だとは思わない」、「これだったら伝わらないよね」などといった声が聞かれた。


今回、観光庁が採用したのは、「機械翻訳」と呼ばれるもので、日本語で文章を打つと、自動的に、英語など他国語に変換してくれるというもの。


今では、インターネットなどで多くの人が使っている。


しかし、翻訳ソフトを提供した会社は「通常、翻訳のソフトは、正しい文章を書くと、正しく翻訳できる。問題になるのが、今回のケースがそうだったんですけども、固有名詞です」と話した。


----------------------------------------------------



機械翻訳が悪いわけではありませんし、今は多くの人が利用しています。



問題はこれだけ大掛かりなプロジェクトに対して、機械翻訳を信じ切って、チェックを怠った事に問題点を感じています。



当然自分たちでチェックをして、翻訳が正しいか確認することが必要です。



今回話題になっている件も、見れば解る単純な誤訳ではないですか。



観光に携わる者として英語を怠ったかな?と考えると、情けないです。。。




関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

Blog
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
アフィリエイト・SEO対策