スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

府中市の危ない市の取り組み

東京都の府中市で、少々奇怪で、危ない香りのする取り組みが新聞に載っていたので、シェアさせてください。



これは「お年寄りに対し、自動車免許証を返還してもらい、その代わりに駐輪場の割引を行う」と言う政策です。



理由としては、運動神経や反射神経の衰えを考慮して、自動車事故を防ぐため行うとありました。



確かに近年では、お年寄りの判断ミスによる交通事故や、アクセルとブレーキを間違えるなどの誤操作事故などが非常に多くニュースにもなってますよね。



それを認識してもらい、免許証の返還を求める事に。

代わりに自転車の利用を進め、駐輪場の割引をするというものです。



-------------------------------------------------



疑問に思った方がいると思います。



「運動神経や反射神経の衰え」



自動車事故もそうなのですが、ここ最近で急激に増えたのが、自転車による事故です。



私も人通りの多いところを、平気で自転車で走っていく人をよく見ます。

結構ぶつかったりなんかも見ます。



そして、お年寄りのフラフラした危なっかしい自転車!!



これを増やそうと言うわけですか!?



自転車事故の多くのケースは、対人事故なんです。

もちろん、自転車事故で命を落とす人はいますし、実際には増えています。



そしてお年寄りの自転車は本当に危ないんですよ!!



なんせ自動車以上に、バランスを取らなくてはいけないし、シートベルトもヘルメットもないんです。



ましてや、前のカゴやハンドルに荷物を山ほど載せて運転してるんです。



何故ここを選んだのか、私は市の気がしれません。



乗っている本人も、そして、歩行者にも危険が迫る取り組みが始まりそうです・・・




関連記事
スポンサーサイト
Blog
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
アフィリエイト・SEO対策